MENU

【イングリッシュペアー&スイートピー】コンバイニングおすすめ

2023年9月8日に発売したイングリッシュペアー&スイートピー

JoMaloneフレグランス開発責任者のセリーヌルー氏がインタビューの中で

コンバイニングにオススメの香りを挙げていました。

それは

  • ウッドセージ&シーソルト
  • ブラックベリー&ベイ

こちらの2点です。

こちらの記事では

こちらをコンバイニングしたレビューをご案内します。

イングリッシュペアー&スートピーの香りについてはこちらで詳しくご案内しています。

比べ方はこちら↓

両腕の内側にイングリッシュペアー&スイートピーをプッシュします。

右側にさらにコンバイニングする香りを重ね

コンバイニングした香りと

イングリッシュペアー&スイートピーそのままの左腕とを比べます。

そんなご案内をする私は

香水を含む美容業界に20年以上いながら、
奥深い香水の世界に魅了されフレグランスエキスパートの資格を取得。
香水は10代の頃から使っていたので購入した種類は150種以上です。
実際に自分で試した感覚をもとに香水にまつわるあれこれを書いています。

目次

ウッドセージ&シーソルトとのコンバイニング

イングリッシュペアー&スイートピーの生の茎のようなグリーンフレッシュな面が滑らかさを増し

肌の上で伸びやかに香ります

ウッドセージ&シーソルトのコクのあるスウィートさが雫の様なクリアさに変わり

雲を感じる様なソフトな雰囲気です。

清楚な中に小悪魔的な面が現れるような面白さがあり、

すべすべな肌触りの香り立ちです。

イングリッシュペアー&スイートピー、ウッドセージ&シーソルト共に

真冬以外の季節感を想起する香りですが、コンバイニングすると途端に真冬に試したくなりました

ブラックベリー&ベイとのコンバイニング

ブラックベリー&ベイのベイリーフのようなビターな面にシャープさが加わり

フローラルの印象がかなり控えめにと変化します

ミントの葉を想起する様なスーッとするひんやりな印象が奥に見え隠れし

グリーンの側面が少し際立ちメンズライクな雰囲気が増してきます

これは、ブラックベリーの方を後から付けたからかな?と思い

試しにイングリッシュペアー&スイートピーを後から重ねるパターンでも試しましたが、

2パターン共上記の面はそこまで違いがなかったです。

その後温かみを帯びたフローラルが、果肉の凝縮された様なフルーティー感を併せ持ち

お肌に寄り添って出てきます。

そこに柔らかな葉が添えられている様な香り立ちです。

次第にフルーティーな爽やかさが昇ってきます。

こちらはオールシーズン使える印象です。

オフィス、ビジネスシーンで

知的さにユーモアやセンスがさらに加わる雰囲気で

自信につながるような纏い方をしていただけます。

***********************************

多くのブランドでは、1つの香水はそれだけで完成するよう創られていますが

JoMaloneのように自分の感覚で世界を広げていけるのは面白く奥深く愉しめます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブラックベリー&ベイについてはこちらで詳しくご案内しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして!
Hanalioです。
香水を含む美容業界に20年以上いながら、個人的に香水が大好きで今まで130種類以上の香水を購入し、試した数は数えきれません。
香水は素敵なパワーを沢山秘めているので、少しでも多くの方がスムーズにパーソナルな香水と巡り会えたらいいな。と思い私自身が実際に試した経験からくる感覚を元に記事を書いています。
少しでも何かのお役に立てましたら嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次