MENU

徹底解説!ディプティック【フィロシコス】どんな香り?似ている香りと口コミ紹介

ディプティックの数あるフレグランスの中で

人気ベスト10に入る香り

【フィロシコス】

イチジクが表現された香りです。

匂いの帝王で、

嗅覚研究家の『ルカトゥリン』に

「優れている」と評され、星4つの高評価を獲得しています

同じイチジクの香り【ロジェガレのフィグ】は以前

@コスメのランキングに入っていたので、知っている人が多いのですが

【ディプティックのフィロシコス】は

知る人ぞ知るという被りにくい香りです。

今回はそんな

【PHILOSYKOS/フィロシコス】

を深掘りしていきます。

✅果肉のジューシーなとろみの印象や

✅リーフを感じるグリーンでビターな側面。

✅清らかなみずみずしさ

多面的な香りの印象は

纏う方のパーソナリティーを

あらゆる角度から引き出してくれるかのようです。

こちらをご紹介するわたしは

香水を含む美容業界に20年以上いながら学び続け、
フレグランスエキスパートの資格を取得。
香水が大好きで、お試しサイズも含め160種以上の香水を購入してきました。
私自身が実際に試した感覚をもとに初心者の方でもスムーズにパーソナルに香水探しができたらと香りにまつわるあれこれを書いています。

目次

香水基本データ

【発売年】
オードトワレ:1996年

オード・パルファン:2012年

【調香師】:オリヴィア・ジャコベッティ

【種類】:オードトワレ / オードパルファム

【サイズ】
オードトワレ:50ml / 100ml

オード・パルファン: 75ml

海に行き着くために通る太陽の陽射しを浴びた自然のままの果樹園。ディプティックの
philosykos(フィロシコス)コレクションは
ペリオン山でのギリシャの夏の思い出を表現しています。

葉の爽やかさをはじめ、樹皮や果実というイチジクの木そのものへのオマージュです。

公式サイトより

どんな香り?

スプレーすると、まだ青さのあるイチジクのような、

クリーミーで、ドライプルーンのようなフルーティーさのある香りが広がります。

香りがフレッシュに立ち過ぎず落ち着いたトーンで安心感があります。

3分ほどするとドライな部分も見えてきて、

ノスタルジックな雰囲気も感じます。

肌から離れて香る印象がナチュラルで、

小枝から伸びる柔らかいグリーンカラーの葉の茂みにいるような

土の温もりのような質量の上を

爽やかで穏やかな風が通るかのような

自然さを感じさせます。

1時間半ほどするとフルーティーな側面はかなり控えめになります。

フィロシコス・オードトワレ、オードパルファンどう違う?

オードパルファムは、オードトワレより芯のあるような印象で、

香りがより豊かに感じます

そしてウッディな印象が高まります

フィロシコスは、一般的にオードパルファンより拡散性が高いとされる

オードトワレでもそこまで強く拡散しないので、

初めて使う方や、試しに行けないけど、どちらかを購入したいという方は

オードトワレの50ml(小さいサイズ)から使ってみるのがおすすめです

まずは試してみたいけど、近くにお店がなかったり、

試しに行く時間がないという方はミニサイズが便利です。

          \約30回プッシュできて、携帯用にも便利です/

フィロシコス・口コミは?

甘いのですが、いちじくの葉っぱ?樹液?の香りの青さのおかげか、甘すぎずスッキリとして癒されます。
とてもフレッシュな香りなので、つける場所を選ばず万人受けしそうです。

香水を纏うのは自己満足というか、自分が穏やかに過ごすためではありますが、周りへの印象の願いとして、
あまり媚びたくないけれど柔らかな印象を与えたい、そんな気持ちも叶えてくれる香水です。

瑞々しく穏やかな甘みと雨露に濡れた葉の青い香りがつけた瞬間に弾けます。

@コスメより

ネガティブな口コミでは時間が経つとココナッツのような香りがして、

そちらが苦手という声がありました。

スプレーする際、霧が肌へ満遍なくのるように

スプレー部分を肌から10センチほど離してプッシュしてあげる

香りの構成を綺麗にのせることができるので

心配ないかと思います。

フィロシコス似ている香り

フィロシコスのクリーミーさが

ルラボのサンタル33』
サンダルウッドのクリーミーさと重なる面を感じました。

また、

韓国発のフレグランスメゾン『ノンフィクション』には、

イチジクを使用した香りが複数あり、

ムエットでの試香にはなりますが、

『ジェントルナイト』

『サンタルクリーム』

こちらの2つがイチジクのフルーティさに重なる面を感じました。

フィロシコス モテる?

香りはその人の過去の経験や記憶からも紐づいて感じる事もあり

人によって捉え方や評価が違いますので、どの香りも一概にモテるとは言いにくいものです。

ただ、万人受けを狙うのであれば、人気の香りを纏うと多くの人がいい香りと思ってくれます

また、日本人にはフルーティーフローラルの香りは受け入れられやすいので、

そんな香調から選ぶのも万人受けしやすいポイントです。

もし決まった方からモテたいという方は、その方が好きな香水や普段使っている柔軟剤の香りなど

好きな香りの傾向をリサーチして、その傾向に合った香りを纏うのがおすすめです。

また、フレグランス売り場を通りすぎるように一緒に歩き、

さり気なく香りを試し、『この香りどう?』と聞いてみるのも一つです。

フィロシコスは口コミや評価はそこまで悪いものは少ないので

比較的いい香りと思ってもらえる確率は高いのですが、

イチジクの印象の香りは一般的にそこまで多くないので、

慣れない香りに反応が分かれる一方、

人と被ることが少ないので、

珍しい香りを纏っている、知っているというセンスの良さなどから

好印象に映るケースもあります

ぜひ香りを上手にデザインし、新たな未来の景色に繋げて下さね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして!
Hanalioです。
香水を含む美容業界に20年以上いながら、個人的に香水が大好きで今まで130種類以上の香水を購入し、試した数は数えきれません。
香水は素敵なパワーを沢山秘めているので、少しでも多くの方がスムーズにパーソナルな香水と巡り会えたらいいな。と思い私自身が実際に試した経験からくる感覚を元に記事を書いています。
少しでも何かのお役に立てましたら嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次