MENU

ルラボ【マッチャ26どんな香り?】徹底解説・口コミとレビュー

【ルラボ】

ブランド名の由来は『研究室』

ニューヨーク発のニッチフレグランスメゾン。

日本国内でも

その場で香りを調合する

フレッシュブレンディングしてくれる店舗を数店構えています。

ここ2年ほどで急速に注目度が高まってるブランドです。

そんなルラボの中でも日本の伝統からインスパイアされた香りが存在します。

それが

『マッチャ26』

今回はこちらの香りを深掘りしていきます。

そんなご紹介をする私は

香水を含む美容業界に20年以上いながら
香水の奥深さに魅了され、フレグランスエキスパートの資格を取得。
お試しサイズを含め購入した香水は150種類以上です。
正解のない香水選びを少しでもスムーズにできたらと
自分自身が実際に試した感覚を元に香りにまつわるあれこれを書いています。

目次

マッチャ26香水基本データ

発売年:2021年

調香師:不明

種類:オード・パルファム

サイズ:15ml/ 50ml/ 100ml

ルラボは香りの先入観をなくす為、ある時から調香師を明かさなくなったとの事です。

日本の抹茶からインスパイアされた香り。

日本文化にとって、抹茶はただの飲み物以上に様々な背景や意味を持ちます。

ルラボにとってマッチャ26もただの香り以上の存在です。

ひとたび香ると、喧騒から離れ自身の内側へと意識を向かわせます。

それは自分を見つめる瞬間、優雅でも魂のこもった賛美を自分へと送る瞬間です。

ルラボ公式サイトより

マッチャ26どんな香り?

つけたては酸味のある新鮮なフレッシュさと、僅かに湯気のようなスモーキーさを感じます。

1分ぐらいするとフレッシュな印象の角が取れて丸みを帯びてきます。

丸みが出てきたな。と感じるくらいからデリケートなフローラルが次第に

表面へと感じてきます。

青々とした新鮮な茶葉の印象がエアリーにも感じられます。

1時間ほどで澄んだクリーミーさを感じ、

1時間30分頃には若干の湿度をもつ若々しいウッディの雰囲気が

肌のすぐ上で感じ香りの奥行きを感じさせます。

香りは3時間弱ほどで、鼻を近づけるとわかる。という印象まで

控えめになってゆきます。

どうして抹茶を選び、この時間を過ごしているのか。

自身にとってどんな意味を持つ仕草なのか。

答えはわかっている。

けれどそれを敢えてヴェールに掛けて少し客観的に愉しむ。

そんな遊びを持たせる賢さ感じるマッチャです。

カタカナ表記の『マッチャ』というデティールがとてもピッタリな香りです。

口コミは

これをつけていると「いい香りがする!」とよく言われます。
しっかりと残る香りなので直接肌にはつけずに空間に吹きかけて
降りてくる香りを纏うか、前日の夜、衣類にフワッと吹きかけて
翌日の朝にきていきます。

これ店舗で嗅いで、自分の肌で試して店内ウロウロして
20分後には「買います」ってなった香り。

思っている抹茶とは全然違う良い意味で期待を裏切る。
お寺さんとかで立てる抹茶のイメージじゃなくて、個人的には
主張が少ないのにふわっと出現する存在感!!

口コミは@コスメより引用

口コミは30代以降の方のものが多かったです。

ネガティブな口コミでは爽やかさのあるマッチャをイメージしていた方にとっては

想像と違ったという意見がありました。

具体的なものが浮かぶネーミングですので

試す前に香りのイメージが浮かびやすいですね。

抹茶の香りそのもを表現している方にはイメージを覆す香りかもしれません。

その分、ルラボが抹茶を表現するとこうなるんだ。という観点から愉しむと

アートな世界を感じることができます。

マッチャ26纏い方(付け方)

マッチャ26の香りは拡散を感じるオード・トワレと、

ゆったりと香りが広がるオード・パルファンの

ちょうど中間のような香りの広がり方をします。

左右の手首(手首より気持ち肘の内側寄り)1プッシュずつしてみてください。

もし、物足りなさを感じた時は、お洋服を着る前に、腰の辺りにも

左右1プッシュずつしてください。

初めてつけて出かける日は、自分の感じ方の確認も含めて

まずは手首だけで試してみてくださいね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして!
Hanalioです。
香水を含む美容業界に20年以上いながら、個人的に香水が大好きで今まで130種類以上の香水を購入し、試した数は数えきれません。
香水は素敵なパワーを沢山秘めているので、少しでも多くの方がスムーズにパーソナルな香水と巡り会えたらいいな。と思い私自身が実際に試した経験からくる感覚を元に記事を書いています。
少しでも何かのお役に立てましたら嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次